--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/25 (Tue) 18:30
1周年記念4コマその3

『下克上』

エレ4コマ3_1


エレ4コマ3_2


エレ4コマ3_3


エレ4コマ3_4


おぼろ君の性格は、神のみぞ知る
(5日目迎える前に、携帯が……)

スポンサーサイト

2009/08/22 (Sat) 19:04
ノーマル日記39

1周年企画、冗談抜きに1.5周年企画になるかも…

自分のサボり癖に、自分で呆れ果てる orz

普通の記事でも、マメに書くようにしよう…

と言うても、ネタないわ

ほん怖がまたあるなぁとか、CATVでセーラームーン放送するらしく、懐かしいので見てみようかなぁとか…
ぅわ…、TVの話題ばっかやんか

ネタ…あるっちゃあるんですけどね

弟の柔道練習用に、我が家にはゴムチューブが設置されています

その日、私は機嫌が悪かった

怒りに任せてチューブを引っ張りました

ブチッという断末魔を残し、チューブは真っ二つになりましたとさ

めでたしめでた…じゃねえぇぇっ!

わたくしすでに、3回ほどブッタギっているのですわよ

一気に怒りが引いた瞬間です

2009/08/15 (Sat) 08:51
FC2トラックバックテーマ  第792回「夏の歌と言えば?」


FC2トラックバックテーマ  第792回「夏の歌と言えば?」



『夏祭り』だっけか……?

き~み~が~いたな~つ~は♪
とおいゆめ~のなか~♪

ってやつ

何かのドラマで流れてて、好きになりました

好きになった割に、曲名もうろ覚えとは、何とも情けない話ではありますな

あと、映画『ピカチュウの夏休み』のED

ポケモンの曲なんですけど、いい曲だと思います

2009/08/15 (Sat) 08:43
Knight of peace 壱章(3)

始めから

前のページ

「助かったー。マック、ありがとう」
 お偉いさまご一行を見送って、マリアが口を開いた。
「いや、別にオレは何も」
「マック、あんな偉い人相手に落ち着いて話せるなんて凄いです」
「そう……なのか?」
「うん。普通は出来ないですよ」
「ふうん」
 という事は、自分は普通ではないのか。記憶を取り戻せば、普通になれるだろうか。
「さ、行きましょう。席がなくなってしまいます」
「あ、ああ」
 マリアに引かれ、二人は旅芸人一座『夢見草』の天幕を目指した。マックはもう一度だけ振り返って、お偉いさまご一行の後ろ姿を見た。
「あの感じ……。何だったんだ?」
「どうしたの?」
「いや、別に」
 今は止めよう。今はマリアと祭りを楽しむのだ。そう考えて、マックは自分が感じた既視感を頭の中から追い出そうとした。

 旅芸人一座『夢見草』は、前評判どおり素晴らしい物だった。トップスターから、道化まで、一座の全員が生き生きと輝いていた。観客たちは、夢の中にいるような感覚さえ覚えていた。たった一人を除けば……。

――何だったんだ。あの感じは……。

 彼だけは、楽しんではいなかった。正確には、一座の芸など見てはいなかった。
「どうかしましたか? マック」
 マリアが尋ねるも、彼は無理に笑って、軽く首を振るだけだった。

「マック、もしかして、楽しくなかったですか?」
 天幕から出て、開口一番マリアが尋ねた。立ち止まったマックの脇を、いまだ夢から覚めぬ表情の観客たちがすり抜けていく。
「いや……。楽しくなかった訳じゃない」
 マックはそう言って、黙ってしまった。マリアが楽しみにしていた事は知っていたし、見てなかったなどと言いたくはない。
「そう……ですか」
 マックが黙ったのを見て、マリアも黙る。両者の間に気まずい空気が流れた。
「あ……、そうだ!」
 先に口を開いたのはマリアだった。
「私、マックに渡したい物があったんでした!」
「渡したいもの? オレに?」
「すぐ取って来ます! だから、ここで待っていてください!」
 そう言って、慌てて駆けて行った。その後ろ姿をマックは見送る。
「……まずい事、言ったかな」
 そう呟いて、既視感を忘れようとした。今度こそ、徹底的に記憶から排除しようとした。しかし、彼の思惑とは裏腹に、既視感は強まる一方だった。それどころか、別のイメージが頭をよぎる。それは、形として認識できない、靄がかかったようなイメージだが、どうしてもその先にあるものへの好奇心を抑えきれない。その好奇心の先にあるものを知れば、もう二度と今の生活に戻れないかもしれない。そのことは分かっていた。分かっていて尚、彼は悩んでいた。悩んでいる内に、時間ばかり過ぎていった……。

「きゃあ!」
 突然聞こえた悲鳴で、彼の意識は、現実世界に引き戻された。同時に、今までの悩みも吹き飛ぶ。
「今の声……。マリア?」

2009/08/15 (Sat) 08:38
Knight of peace 壱章(2)

始めから

前のページ

 祭りの日、マックと呼ばれた少年は、マリアに引っ張られつつあぜ道を歩いていた。いつもは静か過ぎるくらい静かな村だが、祭りの日だけは別だ。
「騒がしいな、やっぱり」
「そうですね。みんなお祭りを楽しみにしてるから」
「いや、それはオレにも理解できる。でも、3年前も2年前も1年前も、こんなには騒がしくなかった。オッと……」
 そう言いつつ、向こうから来た家族とすれ違う。片足があぜ道から落ちてしまう。
「何で、こんなに人がいるんだ……?」
 周りを見回すと、視界に入るのは人人人……。田舎のあぜ道が、都会の道路みたいになっている。
「今年は盛大にやるって言ってましたよ」
「何でまた……?」
「えっと……ほら、アレ」
 マリアの指さす先に、大きな天幕があった。祭りの前まではなかったやつだ。
「旅芸人の一座がこの村の近くを通るって聞いて、村長さんが頼んだらしいですよ。祭りに来てくれないかって」
「旅芸人?」
「結構有名ですよ。『夢見草』って言うんですけど、聞いたことないですか……。あ、ごめんなさい」
 マリアは、マックが3年以前の記憶を失っていることを思い出し、慌てて謝った。
「気にしてない。それで、その旅芸人が来るから、こんなに人が来てるのか」
「そうだと思います。村長さんたち、村おこしとか言って、町でチラシ配ってたから」
「……」
 商魂逞しいとマックは思った。そして呆れた。自分たちが芸を見せるならともかく、旅芸人たちが去った後はどうするつもりなのだろうと。
「あ、あの、マック。やっぱり、さっきの事、怒ってる……?」
 黙っているマックを見て、マリアは何か勘違いしているらしい。
「だから、気にしてないって言っただろ」
「でも……。あ!」
「……何?」
「あそこ、軍隊の兵士……かな? 初めて見ます」
「軍隊?」
 マリアの視線を追ったマックも気付いた。3、4人くらい歩いてくる。その後ろに、高そうな服を着た、いかにも身分の高そうな男が歩いている。
「あの紋章……竜?」
 マックは呟いた。初めて見るはずなのに、以前見た事があるような軽い既視感。
「……何だ? この感じ……」
「オイ、そこの二人」
 前を行く兵士が声をかけてきた。
「な、何でございますでしょうか?」
 マリアが慌てた。マックは、声をかけられたことに今気付いた。
「食事を摂れる場所はどこだ」
「食事……でございますでしょうか?」
「食事なら村の広場で出店をやってます。広場はこの道を真っ直ぐです」
 うろたえるマリアを見かねて、マックは助け舟を出した。これ以上、この連中と関わり合いたくない。
「そうか」
そう言うと、礼も無しに一行は去って行った。

次のページ

2009/08/15 (Sat) 08:33
Knight of peace 壱章(1)

始めから

前のページ

壱章 記憶

 辺り一面、森に囲まれた小さな村。その村の細いあぜ道を、一人の少年が歩いていた。年齢は10代半ばを少し超えたくらい、手に畑仕事で使う道具を持っていた。
「マックー」
 背後からの呼び声に、その少年は振り返った。少年と同じ年頃の少女が走ってくる。
「何か用か? マリア」
 マックと呼ばれた少年は、駆け寄って来た少女の名前を呼んだ。
「うん。今年のお祭りは盛大に行うそうですよ」
 重大な話でもあるのかと思っていたマックは、拍子抜けた。ガックリと肩を落とす。
「……そんな事で、あんなに走ってきたのか?」
「村長さんたちがそう言っていたんです。早くマックに伝えたくて」
「ああ……まぁ、わかった。ありがとう」
「それでは、私は仕事が残っているので」
 そう言い残して、来た時とは打って変わって、のんびりした足取りでマリアは戻って行った。
「やれやれ……。普段あんなに大人しいのに、どこにあれほどのエネルギーがあるんだ……?」
 マックは、年頃の少女がバタバタと慌しく向かって来た光景を思い出した。正直、あまり褒められた物じゃないなと心の中で呟く。でも、気持ちは何となく分かる。
「……祭り、マリアと一緒に参加しなきゃダメだろうな」

 マックは、村はずれにある自分の家に戻った。大きくはないが、村の人たちの好意で貸してもらっていた。
「ふう」
 畑仕事の道具を片付け、一息ついていたマックの視界に、何かがキラリと光った。
「……」
 それは、壁に掛けてある剣の刃だった。刃を潰した練習用である上に、真ん中から真っ二つに折れていた。上半分のない剣を見て、マックは溜め息をついた。
「……3年前、オレはこの剣と一緒に、この村に来た」
 誰に話しかける訳でもない。強いて言うなら、彼は剣に話しかけていた。
「オレは一体、何者なんだろう? マックという名前で過ごしてはいるけど、本当の名前があるはずなんだ……。あの剣は、本当のオレを知っている。でも、剣に聞く訳にはいかないよな」
 そもそも、剣は話せないしな。彼が自嘲気味な笑みを浮かべていると、扉をノックする音が聞こえてきた。
「はい。誰ですか?」
 聞いてはみるが、誰かは分かる。こんな村はずれに尋ねてくる相手は一人しかいない。
「私です。マリア」
「やっぱり。どうぞ」
そう言って彼女を家に入れた。3年前、村に来たばかりの頃は、マリアの家で寝泊りしていた。しかし、さすがにマズイだろうと、ここに移ったのだ。それでもマリアは、毎日やって来ては何かと世話を焼いてくれていた。
「今日は、ジャガイモとニンジンのシチューを作ってきました。夕ご飯にどうぞ」
「ああ。ありがとう」
 マックは鍋を受け取ったが、マリアは何か期待するように、彼を見つめていた。
「……よかったら、一緒にどうだ?」
 マックは、彼女が言って欲しい言葉を口にした。マリアは嬉しそうに微笑むと、先程渡した鍋を持って、暖炉で暖め始めた。その様子を、マックは静かに見守った。マリアが自分に寄せている気持ちを理解できない訳ではない。それに、彼自身も、満更ではないことは気付いていた。
「……まぁ、この帝国の片田舎で、新たな人生を歩むってのも、いいかもな」
 マックは、壁の剣から目を逸らして呟いた。鍋をかき混ぜるマリアには、その声は聞こえなかった。

次のページ

2009/08/13 (Thu) 18:30
1周年記念4コマその2

『看板』

エレ4コマ2_1


エレ4コマ2_2


エレ4コマ2_3


エレ4コマ2_4


当初は、セー○ーム○ンにするつもりでしたが、難しそうだから断念
(管理人は、セー○ーム○ン世代)

あ、眼鏡かけると、きさらぎ君と被ってたな

文字の色がマチマチなのは、使いこなせていないからです(汗)

2009/08/12 (Wed) 18:30
1周年記念4コマその1

『名づけ』

エレ4コマ1_1


エレ4コマ1_2


エレ4コマ1_3


エレ4コマ1_4


モー○リの登場するのは、FFⅥしか持ってないですが……

……あ、枠書いといたほうが良かったかも

とりあえず、4コマは描けたらアップしていくので、終了まで時間かかるかもしれません

2009/08/12 (Wed) 10:38
ポケモンLG

最近始めました

最初の1匹は、フシギダネを選択

♀が出るまで粘りました

♀なら、シナリオが進むとタマゴゲットできるのです

当然、相方となる♂も必要なわけですが……

今のところ♂は、ピカチュウとケーシィだけですね

自分が女だし、♀ばかりのチーム編成しようかなと

現在のチームは、
・フシギダネ(フシフシ)♀
・ロコン(コロー)♀
・イーブイ(イブ)♀
・カラカラ(カラン)♀
・ゴルバット(バット)♀
……の5匹です

あ、別に百合とかじゃないですよ(そもそもこのジャンルの話は好きではない)

初代緑プレイしてるので、シナリオは大体わかるし、そういった自分ルールでやるのもいいかなと

というわけで、イーブイも粘りました

多分20回くらい

最初のポケモンと、イーブイは、♂:♀が7:1くらいの割合なんです

まぁ、性別関係なく1匹いれば、タマゴ入手可能なんですけどね

タマゴからの遺伝技を習得する場合、欲しいポケの♀は絶対必要ですからね

タマゴで♀を狙うより、最初から♀を入手する方が早いです

今現在、カビゴン捕獲に向けて、手持ポケをレベルアップ中です

また、進行具合を書くかもしれません

2009/08/03 (Mon) 13:05
エレオン引退です

携帯復活せず

機種変決定

新機種は、エレオン未対応

よって、エレオン引退も泣く泣く決定……

イラストは、たまに描こうと思います

ブログは、続行しますので、また見に来てやってください

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。